ごあいさつ

ごあいさつ

乳がんに罹る人は毎年増えています。現在は、12人に1人の女性が生涯の間に乳がんに罹り、2020年頃には毎年10万人の女性が乳がんに罹ると推計されています。また、乳がんは30歳代後半から急激に増加し、40歳代後半に罹患のピークがあります。働き盛りの女性に多い疾患です。さらに、診断や治療が進歩した現在でも、乳がんになった女性の約20%が乳がんで亡くなる現実があります。

2000年5月、日本でマンモグラフィ検診が開始された年に、乳房健康研究会が日本最初のピンクリボン運動団体として発足しました。その後、当研究会はNPO法人、認定NPO法人と発展しながら、日本のピンクリボン運動を牽引してきました。当研究会では、医療者と様々な専門家がチームを組み、一般、患者、企業、行政、マスコミなどを広く巻き込んで運動を展開してきました。その内容は、乳がんに関する正しい情報の発信、早期発見のための啓発、乳がん検診に関する調査、高い精度のマンモグラフィ検診の普及、受診率向上など多岐にわたります。

近年、マンモグラフィ検診の認知度は高くなり、ピンクリボン運動は広く知られるようになりました。しかし、乳がんで亡くなる人の増加が続いています。また、乳がん検診受診率の伸びも十分でないことより、ピンクリボン運動は益々必要とされています。

乳がん検診は新しい時代に入りました。J-STARTの結果で40歳代の超音波検診の有用性が分かってきました。ハイリスクグループに対する検診も提案されるようになりました。一方、検診の不利益が無視できないことが明らかになりました。デンスブレストや過剰診断についての議論が起こっています。

日本のピンクリボン運動は様々な団体や企業や自治体が主導する形で発展してきました。今後は、今までの運動形式に加え、個人から個人へ働きかける活動が必要と、当研究会は考えています。このようにお隣の人に乳がん検診を勧める場合、乳がんや乳がん診療についての正しい知識が必要です。検診を受けるようにと勧めた人が実際乳がんであった場合、その人を支えてあげなければ、勧めた人の人間性が問われます。そのため、私達は乳がん患者さんのサポートのあり方を学ぶ必要があります。

そこで、乳がんについて最新の正しい知識を持ち、高い志で活動を行う、たくさんの「人」が育つ必要があると考えました。その結果誕生したのが、ピンクリボンアドバイザーです。これまでのピンクリボン運動に、ピンクリボンアドバイザーが加わることにより、今までにない運動ができます。2016年2月現在、初級6,153名、中級1,227名のピンクリボンアドバイザーが誕生しています。今後、初級、中級、上級のピンクリボンアドバイザーがそれぞれの立場で活動することにより、乳がん早期発見のための啓発が進み、乳がん患者さんやその家族にとって優しい社会を支える運動が育ち、沢山のピンクリボン活動が生まれると考えています。

記:2016年4月8日

福田 護(在任期間 2014〜現在)

聖マリアンナ医科大学ブレスト&イメージングセンター院長

前理事長 霞富士雄 ごあいさつ