コンパニオン診断

個別化医療の進展にともない、コンパニオン診断という言葉がよく聞かれるようになりました。 ある医薬品の効果や副作用を投薬前に予測するために行なわれる臨床検査を、コンパニオン診断といいます。コンパニオン診断を基に、個人に合う …

続きを読む

高濃度乳房について

認定NPO法人乳房健康研究会理事長聖マリアンナ医科大学ブレスト&イメージングセンター福田 護 はじめに高濃度乳房が話題になっています。そこで、ピンクリボンアドバイザー向けに高濃度乳房について概説しました。2017年3月2 …

続きを読む

【質問】マンモグラフィ検診を否定する意見があります。検診を勧めることに戸惑いを感じます。

【質問】世界的にマンモグラフィ検診の効果は疑問視されている、というニュースをよく耳にします。総合的に考えて、正直なところピンクリボンアドバイザーとして検診を勧めていくことに戸惑いを感じます。このままピンクリボンアドバイザ …

続きを読む

【質問】10月20日に公表された、米国がん協会の「乳がん検診45歳に引き上げ」の新指針についてご質問を受けた場合はどのように答えればよいでしょうか。

【回答】米国がん協会マンモグラフィ検診推奨45歳への引き上げに関して 2015年10月20日、米国がん協会(American Cancer Society ACS)は、マンモグラフィ検診の対象を40歳から45歳に引き上げ …

続きを読む

北斗晶さんの乳がん公表に関してピンクリボンアドバイザー向けQ&A

北斗晶さんがご自身の乳がんをブログで公表され、さまざまなメディアで取り上げられています。これに関連して、ピンクリボンアドバイザーにみなさんに質問があったり、また自ら疑問に思うこともあることと存じます。 当会に問い合わせが …

続きを読む

【質問】今回、ピンクリボンアドバイザー認定試験の中級を受験しました。 回答を発表していただくことはないのでしょうか?

【回答】第4回ピンクリボンアドバイザー認定試験講評(ピンクリボンアドバイザー試験の報告と学んでいただきたい事がら)をお読みいただき、次回の認定試験や日ごろの活動にお役立てください。

続きを読む