ブレストケアと乳がん検診について

「乳がんはまだ私には関係ない」と思っていませんか?

壮年層女性のがん死亡原因のトップ

今、日本女性の12人に1人が乳がんにかかるといわれています。亡くなる方は年々増加し、今では1年間に約1万3千人。ここ30年の乳がんの急激な増加は、食生活やライフスタイルの変化がエストロゲン(女性ホルモン)の分泌に影響しているためとみられています。乳がんは女性の壮年層(30〜64歳)のがん死亡原因のトップになっているにもかかわらず、無関心な人が多いのも現状です。

 

最もかかりやすいのは40代

「乳がんはまだ私には関係ない」と思っていませんか?乳がんにかかる人は30代から40代にかけて急増します。ピークは40代後半〜50代。「閉経後は大丈夫」「50歳過ぎたら乳がんにならない」ということもありません。また、若いからといって油断はできません。乳がんは何歳でもかかる可能性があります。

家族や親戚に乳がんがいない、出産・授乳経験があるから大丈夫。ということもいえません。つまり、乳がんにならない、といえるひとは一人もいないのです。

 

早期なら約90%が治癒します

残念ながら、現在乳がんの予防法はありません。しかし早期発見であれば、約90%の人が治癒します。決して怖い病気ではありません。早期発見のために、セルフチェックや検診が大切なのです。

乳がんの10年生存率

はじめましょう!20歳からのブレストケア

月1回、乳房に触れたり観察して変化がないかをセルフチェック(自己検診)をしましょう。そして、忙しくても定期検診を受けることがとても大切です。マンモグラフィや超音波検査などの画像診断は、早期発見に有効です。乳房の変化や検査方法について相談できる乳腺専門の主治医を見つけておくことがとても大切です。

 

年代別 効果的ブレストケア法
年代別 効果的ブレストケア法

毎月のセルフチェック(自己検診)を習慣にしましょう!

乳がんは、身体の表面に近い部分にできるため、観察したり触れたりすることで、自分で見つけることができる可能性が高いがんのひとつ。そこで、早期発見にためにも行なっていただきたのが、セルフチェック(自己検診)です。

生理が始まって1週間後、乳房のハリや痛みがなった、柔らかい状態の時に自分でチェックしてみましょう。閉経後の方は毎月1回、セルフチェック日を決めて行いましょう。

*乳房の変化を確認するため、チェック結果をノートなどに書きとめておくと良いでしょう。

指で触れてチェック
指で触れてチェック

お風呂やシャワーの時、石鹸がついた手で触れると乳房の凹凸がよくわかります。

1)4本の指を揃えて、指の腹と肋骨で乳房をはさむように触れ「の」の字を書くように指を動かします。

そのときに、しこりや硬いこぶがないか、乳房の一部が硬くないか、脇の下から乳首までチェックします。

2)乳房や乳首をしぼるようにして、乳首から分泌物がでないかを調べます。

鏡の前でチェック
鏡の前でチェック

腕を高く上げて、ひきつれ、くぼみ、乳輪の変化がないか、乳首のへこみ、湿疹がないかを確認します。また、腕を腰に当ててしこりやくぼみがないかも観察します。

変化に気付いたらすぐに診察を

気になるしこりや変化を見つけたら、すぐに乳腺専門の医療機関で診察を受けてください。女性特有の病気なので婦人科を受診したり、外傷ではないからと内科を受診すると思っている人も見受けられますが、乳房の専門は乳腺科。

基本的に外科の中に設けられていることが多いのですが、病院によっては婦人科、放射線科の場合もあります。乳腺の専門医・認定医がいるかどうか受診前に問い合わせて確認しましょう。