ピンクリボン運動とは

「ピンクリボン」は、 世界共通のシンボルマークです

ピンクリボン運動は、女性の8人に一人が乳がんになる、乳がん先進国のアメリカで生まれました。

 

アメリカでは、フォード、レーガン前大統領夫人は、襟もとにピンクリボンバッジをつけ、自らの乳がん体験を公表しました。また、クリントン前大統領は、10月の第3金曜日を「ナショナルマンモグラフィデイ」と制定し、国を挙げての乳がん死を減らす運動が始まりました。また、多くの市民団体が、さまざまな形でピンクリボン運動に取り組んでいます。 このような運動の結果、アメリカはじめヨーロッパでは乳がんで亡くなる方は90年代から徐々に減少に転じています。

 

乳がん検診を受ける、早期発見の大切さを伝える――ピンクリボンは「気づき」と「行動」の世界共通のシンボルマークです。乳房健康研究会では、検診受診率向上のために、女性たちが検診を受けやすくなるような環境整備に向けて働きかけています。ピンクリボンの輪を広げるさまざまな活動にご協力をお願いします。

「ピンクリボン」でメッセージを伝達

〜知らないのは罪。知らせないのはもっと罪〜

 

「乳がんに無関心な人々に乳がんの早期発見の大切さを広く伝えたい」そんな願いから、認定NPO法人乳房健康研究会では、2000年7月から、「ピンクリボンバッジキャンペーン」を始めています。 バッジを身につけることで、まず自分が乳がんに気を配り、それを見た周囲の人にも乳がんに気付くきっかけを提供することができると思います。そして、たくさんの人々がピンクリボンバッジ運動に協力することで、全ての人が心地よく検診や治療を受ける環境を作ることができるのです。

「ピンクリボンバッジ」

オリジナルのピンクリボンバッジは金縁、銀縁の2種類あり、それぞれに乳がんに関する基礎知識をまとめたリーフレットをセットしています。

一口500円以上のご寄付をいただいた方には、口数に応じたバッジを無料で配賦しています。

皆さまからの寄付金は、乳がん啓発のためのさまざまな活動に活用させていただきます。あなたのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。