アイコン

【東京都 墨田区】墨田区がん教育授業のゲストティーチャー 

dscn0316
イベント名:墨田区がん教育授業
主旨:「墨田区がん対策基本方針」に基づき、がんについての正しい理解を深め、適切な行動や態度をとることができる児童・生徒の育成を目的とし、全区立小・中学校で「がん教育」を実施する。
日時:平成30年2月23日(金)14:25~15:10
場所:墨田区立言問小学校
主催:墨田区教育委員会

レポート:墨田区では、小学校6年生と中学校3年生を対象に、がん教育の授業を2単位時間で行っています。
1時間目「がんのことをもっと知ろう」①がんとはどんな病気?②がんを予防するためには?(クイズ)
2時間目「もしも身近な人ががんになったら」①がんの治療②がんになった方のお話を聞きましょう

担任または養護教諭による授業と、がん経験者による体験談の構成となっています。このたび私は、小学6年生の児童に、がん経験者としてゲストティーチャ ーをやらせていただきました。身体は大きくても、精神的にはまだ幼い時期であるため、最初にがん教育の絵本の読み聞かせをした後、自身の乳がん経験をお話しました。がん患者の不安、がんになって不運だけど不幸ではないこと、がん検診の大切さなどを伝えました。児童からは、生活習慣に気をつけたい、がん患者さんの手助けをしたい、がん患者さんに前向きな気持ちになってもらえるよう声をかけたい、両親にがん検診を勧めたいなどの感想を聞くことができました。墨田区のようながん教育が、今後広がって行く ことを願っています。
(投稿者:田伏 久仁子)