チャートでチェック

乳がん検診って?私はどこに行ったらいいの

早速、今日からブレストケアをはじめてみましょう。まずは、次のチャートで今のあなたの状況をチェックしてみてください。

「あなたの希望と状況でチャートから見つける 乳がん検診って?私はどこに行ったらいいの」はミュゼプラチナムの寄付金によって制作されました。




検診の受け方について

検診の3ルートを徹底比較!!

乳がん検診には「住民検診」、「職場検診」「個人検診」の3つのルートがあります。それぞれのメリットや内容を確認して、自分にぴったりの方法で、乳がん検診を受診してください。

  誰でも手軽に住民検診 セットでおトクに職場健診 こだわり派に個人検診
どんな健診?メリットは?
市区町村が住民対象に行っている検診
低価格で、対象年齢なら誰でも受けられるが、期間や人数などに制約がある
あなたの勤務先の健康保険組合または事業所(会社など)で行っている健康診断
社員の妻対象の健康診断が主婦健診
低価格で、他の健診と一緒に受診できることが多い
自分で施設や検診内容などを自由に選んで受診する検診
費用はかかるが自由度が高い
対象年齢は?
40歳以上を対象とすることが多い
健康保険組合または事業所によって異なる
誰でも受診できる
どんな検査を
ほとんどの市区町村が2年に1回、視触診とマンモグラフィを実施
健康保険組合または事業所によって異なる
検査方法を選べる
乳がん検診と一緒に他の検査も受けられる?
特定の検診をそれぞれの対象年齢に対して実施しているが、受診施設
期間が異なるため、難しい
健康保険組合または事業所が指定する健診と一緒に受診できることが多い(オプション費用が発生することも)
受けたい検診内容を組み合わせられる
受診できる期間は?
市区町村が指定する期間
健康保険組合または事業所が指定する期間
自分のスケジュールにあわせて選べる
どんな施設で受診できるの?
市区町村が指定する施設
健康保険組合または事業所が指定する施設
規模、雰囲気など、さまざまな施設から選べる
費用はどのくらい?
費用の一部を補助してくれるため低価格(無料〜3,000円前後)
費用の一部を補助してくれるため低価格
検診には健康保険が使えないため全額自己負担。施設によって金額は異なるので受診前に確認を
検診の情報を入手するにはどうしたらいい?
対象者に直接案内を送付している場合もある
役所窓口に問い合わせ
市区町村の広報紙
健康保険組合または事業所窓口に問い合わせ
健康保険組合または事業所の広報紙
健康保険組合または事業所のホームページなど