ピンクリボン運動にご参加ください

ピンクリボン運動はここから!

認定NPO法人乳房健康研究会では、「ピンクリボン」を「気付き」と「行動」のシンボルマークととらえ、検診受診率向上のために、活動しています。「ピンクリボン」の輪を広げるさまざまな取り組みにご協力をお願いいたします。

 

1. 乳がんについて知る
乳がんについて正しい知識を身につけ、理解を深めてください。
2. 検診を受ける
月1回のセルフチェックを行なうとともに、定期的に医療機関で画像検診を受診してください。
3. イベントに参加する
私たちは、楽しく歩きながら健康について考えるウオーキング大会やマンモグラフィ体験、乳がんについての様々な情報が入手できる「ピンクリボンプラザ」などの、誰でも参加ができるイベントを主催しています。

たくさんの人に広めてください!

ピンクリボンバッジ運動への協力や啓発ツールのご購入・ご活用で、あなたのまわりの人に、早期発見の大切さを伝えてください。
企業・団体様単位で取り組んでいただくことで、多くの方へ広まっていきます。

 

1. ピンクリボンバッジ運動に参加する
自分自身が乳がんに気を配るとともに、話題のきっかけ作りになるのが、ピンクリボンバッジ。
ピンクリボンバッジ運動に参加して、あなたとまわりの人に正しい知識を伝え、検診を勧めてください。
男性の方は、身近な女性たち(妻、母、娘など)に勧めるとともに、周囲の男性にも協力を呼びかけてください。
2. 啓発ツールを活用する
認定NPO法人乳房健康研究会では、乳がんに関する基礎知識などを始めとした各種ツールをご用意しています。ピンクリボンバッジと併せて、啓発活動にご活用ください。
3. イベントを企画する
例えば、多くの人が集まる場所に常設コーナーを設ける、地域の集まりや学園祭でブースを設ける、、乳がんについてのセミナーやウオーキング大会を企画する・・・。など、あなたの町や職場で「ピンクリボン」に触れる機会を作って、ピンクリボンの輪を広げてください。
当会では、全国各地で展開しているピンクリボン運動を後援しています。
>> 後援についてはこちら