アイコン

【オンライン】第164回マンマチアー「女性と防災 ~能登半島地震の教訓から学ぶ、女性医療に携わる産婦人科医から見えてきたこと~」

ピンクリボンイベント

能登半島地震から半年以上たち「女性と防災」をテーマに、災害現場で女性たちとかかわってきた種部恭子先生にお話いただきます。女性特有の防災の視点からも、今後私たちが経験するかもしれない災害時の問題点を学んでおきたいと思います。

能登半島地震から半年以上たちました。石川県、富山県の当時から現在に至るまでの状況を医師として、政治家としてかかわり、間近でみて支援してきた種部恭子先生。被災地の生の声をお話いただきながら、女性医療をすすめてきた産婦人科医として、女性ならではの防災について、災害から私たちが学ぶべきことをアドバイスいただきます。
たとえば、被災地で暮らす女性の心身の健康問題は? がんなどの病気治療中のときの薬の入手法や医療機関への連絡の仕方。資源が限られる中で医療の提供や体制構築はどうしたのでしょう。
生理をはじめとした女性特有の健康問題、トイレ問題などなど。現場から見えてきた課題とは?
被災した方、支援したい方、それぞれがデマに惑わされない災害時のリテラシーについても知っておきたい。
地震に限らず、豪雨、台風や酷暑など、いつやって来るかもしれない災害に備えて、女性だからこそ、事前に準備しておくべきこと、災害中に注意しなくてはならないことなど。女性として持っておくべき防災の知識をお話いただき、復旧、復興を応援する私たちができることを学びたいと思います。
事前質問も受け付けています。ぜひご参加ください。

日時:2024年8月20日(火)18時半~20時
テーマ:「女性と防災 ~能登半島地震の教訓から学ぶ、女性医療に携わる産婦人科医から見えてきたこと~」
場所:ZOOMによるオンライン開催
参加費:無料
講師:種部恭子 先生 (産婦人科医、富山県議会議員)
講師の略歴は、申し込み先のpeatixよりご覧ください。
申し込み締め切り:2024年8月19日(月)18時まで。お申込み先着120名様。
主催:NPO法人女性医療ネットワークマンマチアー委員会
告知サイトアドレス:https://cnet.gr.jp/mamma/
申し込み先:https://mammacheer164.peatix.com/